学習支援事業

ひとり親家庭学習支援教室

ひとり親家庭学習支援教室は、家庭と連携してひとり親家庭のこどもたちの学習面、精神面をサポートすることを目的としています。


ひとり親でこどもを育てていくことはとても大変です。
毎日忙しく働き、ゆっくりとこどもと向き合って
話をする時間も、精神的な余裕もままなりません。
気が付けば、こどもの学力が学年相当に遅れていて、
あわててしまう。
このようなことをできる限り防ぐためにも
早い段階からSOSに気づく目が必要です。

こどもたちが、様々な環境の変化に順応していくには、家庭だけでは抱えきれないとても難しい問題もあり、学校や地域の支援が必要と思われます。

ひとり親家庭学習支援教室の講師は、大阪大学の大学生他、ひとり親家庭のこどもたちを支援する大学生です。


自分の将来に目標を持ち、自分で学習計画をたて、
勉学に取り組めるように支援していきます。
自分で考え、行動を起こすということは、
これからの厳しい競争社会を生きていくこどもたちの
大きな力になると思うからです。
平成24年度からスタートしたこの教室から
数名の高校3年生が巣立っていきました。
進路は様々ですが、
目標に向けて熱心に勉強してくれていました。
講師の先生はお兄さん、お姉さんのような存在で
わからないところや進路相談なども
気軽に質問できると思います。

 

学習支援実施日カレンダーはこちら>>学習支援教室実施日カレンダー

 

豊中市中桜塚2-29-31  
豊中市母子父子福祉センター2F
社会福祉法人 豊中市母子寡婦福祉会
✆06-6852-5160