社会福祉法人 豊中市母子寡婦福祉会

アクセス お問い合わせ

トップページ > 暮らしのこと

日常生活支援事業

ヘルパーを派遣します

社会福祉法人 豊中市母子寡婦福祉会では、豊中市から委託を受けて、ひとり親家庭の方などを対象に、ヘルパー等の派遣を行っています。
登録された経験豊かなヘルパー(家庭生活支援員※)を派遣し、一時的な保育や日常生活のお手伝いなどをしています。

家庭生活支援員 ※

ホームヘルパー3級以上の有資格者または保育士の有資格者で、厚生労働省の定めた基準に基づく研修(子育て支援研修)を修了した者

こんなときにご利用ください

  • 母子家庭の母又は父子家庭の父の、自立促進に必要な技能習得のための通学や就職活動など
  • 冠婚葬祭、疾病、母又は父の出張・残業・転勤、学校等の公的行事への参加など必要と認められるとき
  • 生活環境が激変し、一時的に、日常生活を営むのに大きな支障が生じているとき(離婚等)

対象

  • 豊中市内に住所を有する母子家庭の母と子、寡婦、及び父子家庭の父と子

ご利用とお手続き

子育て支援
(2時間以上から時間単位で利用できます)

ヘルプサービス内容

乳幼児の保育・子の身の回りの世話・食事の世話など
※いずれの場合も家事はしません。お子さんの食事はご家庭で用意してください。

実施場所

家庭生活支援員の居宅、または講習会等職業訓練を受講している場所、その他、ひとり親家庭等の利用しやすい適切な場所

早朝に仕事が入ってしまいましたが、保育所がまだ開所していないので、どうしよう・・
困ってます。

お母さんの出勤前に家庭生活支援員がご自宅に伺い、
登録時間にお子さんを保育所へお送りします(日常的でない勤務に限ります)

今、就職活動中です。面接日が決まったのですが、子どもをひとりで留守番させられず、なかなか預けるところも見つからず、困っています。

家庭生活支援員がお自宅に伺い、お子さんの見守りをさせていただきます。

生活援助
(1時間以上から時間単位でご利用いただけます)

ヘルプサービス内容

身の回りの世話・食事の世話・住居の掃除・生活必需品の買い物・医療機関との連絡など

実施場所

利用世帯の居宅

※ご利用には事前の登録が必要です。

骨折をしてしまいました。家事や買い物に行くことができません、どうしよう・・・

家庭生活支援員がご自宅に伺い、日常的な家事や買い物などを行います。

派遣時間帯

原則として、9:00~18:00まで。(ただし、時間単位とする)
それ以外の早朝・深夜等についてはお問い合わせください。

利用料金

所得状況により、利用料(自己負担額)は異なります。
詳しくは豊中市の窓口へお問い合わせください。

※原則、派遣対象世帯ごとに一派遣事由につき
1年度あたり10日(子育て支援区分10日、生活援助区分10日)まで、利用できます。

家庭生活支援員募集

家庭生活支援員を募集しています!

豊中市母子寡婦福祉会では、豊中市から委託を受け、ひとり親家庭等の方をサポートする家庭生活支援員※を募集しています。
生活援助や子育て支援のサービスの提供をしてみませんか?

家庭生活支援員 ※

ひとり親家庭等を対象に支援員宅で保育(子育て支援)をしたり、 利用者宅で家事のお手伝い
(生活援助)等を行います。

資 格

ホームヘルパー3級以上、介護福祉士、看護師、保育士、幼稚園教諭普通免許のいずれかの資格をお持ちの方で、厚生労働省の定めた基準に基づく研修(子育て支援研修)を修了した方
※活動を行った場合は、時間数に応じて手当が支給されます。
 なお、万一の事故にそなえ、補償保険に加入しています。

ホームヘルパーの資格をもっていますので、生活援助はできますが、子育て支援研修は受講しなければいけませんか?

利用者のほとんどが居宅での支援を希望されますので、家庭生活支援委員は子育て支援研修を受けて頂く必要があります。

子育て支援研修はどのように受講できますか?費用などを教えて下さい。

費用は無料です。お申込みの時期等詳しい内容は
豊中市母子寡婦福祉会(06-6845-1333または06-6852-5160)へお問合せください。

社会福祉法人 豊中市母子寡婦福祉会

〒561-0881 豊中市中桜塚2丁目29番31号 豊中市母子父子福祉センター2F

06-6845-1333

または

06-6852-5160